May the ROLEX be with you
― ロレックスと共に在らんことを ―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクラサク・・・
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

初!リストショット
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

機械式腕時計との決別・・・
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Ring clock


Ring Clock

リング型の時計・・・そのまんまです。

話のネタにはなりそうです。

勿論、サイズも選べます。

材質はステンレス。内蔵LEDが点灯し時間を教えてくれます。

ring-clock_g05.jpg

色は二色。

ring-clock_g02.jpg

こんな感じで、台座に置くだけで無接点充電可能。

自動的に時間合わせも行なってくれます。

ring-clock_g04.jpg

日常生活防水のみなので、普通に使うのには心許ないですね。

価格は、約300$。

御一つ如何でしょうか?


ring-clock_g01.jpg

Royal Oak Extra-thin
先週の事ですが、一人で銀座の時計店を巡って来ました。

お供は、勿論デイトナ黒金目。※リストショットは有りません(泣)。

久しぶりの銀座でしたが、やはり良かったですね~。

レキシア銀座店を初めとして、各ブランド正規店を巡りましたが、結構長居をした所が「PANERAI」と「Audemars Piguet」。

どちらも女性スタッフに接客をして頂きましたが、正直全くノーマークだったブランドだけに、見るもの聞く事全てが新鮮でしたよ。



パネライ Luminor Marina 8days Oro Rosso-44mmは、カッコ良かった。

レッドゴールドと呼ぶらしいですね。

さて、オーディマ・ピゲでは、同じくゴールドモデルのロイヤルオークを載せました。

価格もそれなりでしたが流石雲上ブランド、ブレスの作りも凝っており素直に欲しいと思わせる一品でした。

ステンのロイヤルオーク[15400ST.001220ST.01]41mmは、1年待ちとの事です。

パテックのアクア同様、やはり人気は高いですね。

その中で、釘付けになったのが、ロイヤルオーク エクストラ シン

sofjkhfshvhki.jpg

39mmの絶妙なサイジングとブルーのダイヤル!

復刻モデルらしく、正規では非常に入手困難なモデルとの事。

何でも、予約をしても必ず入手出来るとは限らないらしいです。

そんなモデルをハンター様は、いとも簡単に入手しましたね。

流石、雲上人です。

ロレ以外に食指が動いたのは初めてかもしれません。

食わず嫌いだったのかなぁ(笑)。




FC2カウンター



プロフィール

ロレ卿の詩

Author:ロレ卿の詩
職業:民間サラリーマン
趣味:時計収集 カメラ BIKE マンウォッチング 妄想 
愛猫:アメショー♀(甘えた時々凶暴)
LIKE:スタバ カフェ フルーツ 野菜 休日 冬
DISLIKE:生もの 人混み 渋滞 並ぶ事



最新コメント



カテゴリ



腕時計ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村



腕時計ブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



タグクラウドとサーチ

> tags



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。