May the ROLEX be with you
― ロレックスと共に在らんことを ―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Rolex Bracelet Sizing Kit
久し振りのロレックスネタです。

ブレスレットアジャストキット

ロレックスの正規店のみに貸与されるキットですね。

現在はもっと立派なものになっているかもしれません。



中身はこんな感じ。

20140601-IMG_783312.jpg
20140601-IMG_783716.jpg

肝となるツールの紹介。

ブレスレットをホールディングさせ、駒を外す際に使用する「ブレスレットブロック」

20140601-IMG_785130.jpg

両バサミ式のフォークですね。   

先端を交換する事が出来ます。

この両バサミ式フォークの優れている点は、ブレスをフラットにしなくてもFFを外す事が可能な点ですね。

20140601-IMG_785938.jpg

そしてスクリューを固着させる「リキッド」。

LocTite221という名称らしいです。

20140601-IMG_787958.jpg

それでは作業フローの紹介です。

各作業での注意事項も併せて掲載されています。

1Bracelet_Sizing_Booklet_Page_01.jpg
2Bracelet_Sizing_Booklet_Page_02.jpg
3Bracelet_Sizing_Booklet_Page_03.jpg
4Bracelet_Sizing_Booklet_Page_04.jpg
5Bracelet_Sizing_Booklet_Page_05.jpg
6Bracelet_Sizing_Booklet_Page_07.jpg
7Bracelet_Sizing_Booklet_Page_08.jpg
8Bracelet_Sizing_Booklet_Page_09.jpg
9Bracelet_Sizing_Booklet_Page_10.jpg
10Bracelet_Sizing_Booklet_Page_11.jpg
11Bracelet_Sizing_Booklet_Page_12.jpg
12Bracelet_Sizing_Booklet_Page_13.jpg

全て揃わなくても勿論ブレス交換は可能です。

リキッドも注入した事は有りませんが、今までスクリューが緩んだ事も有りませんね。

日ロレ及び正規店では飽くまでも保険の意味で塗布しているのでしょう。

仮にスクリューが緩み落下したなんて事になれば、損害賠償となりかねませんからね。。。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

付与じゃなくて、貸付なんですね(笑。
そこが、意外でした(笑。

たしかにアメリカは訴訟大国ですから、なんでも揚げ足をとられそうですね。
久々のロレネタ、堪能しました(笑!
【2014/07/27 09:34】 URL | highwind #p3UnIF7U [ 編集]

highwind様
こんばんは。

飽くまでも貸与ですね(^^:)

一般に出回ってはいけないものですが、e―bayでは、20万円くらいで取引されております(笑)

【2014/07/28 21:16】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



FC2カウンター



プロフィール

ロレ卿の詩

Author:ロレ卿の詩
職業:民間サラリーマン
趣味:時計収集 カメラ BIKE マンウォッチング 妄想 
愛猫:アメショー♀(甘えた時々凶暴)
LIKE:スタバ カフェ フルーツ 野菜 休日 冬
DISLIKE:生もの 人混み 渋滞 並ぶ事



最新コメント



カテゴリ



腕時計ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村



腕時計ブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



タグクラウドとサーチ

> tags



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。