May the ROLEX be with you
― ロレックスと共に在らんことを ―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪い癖
最近はwebでヴィンテージロレックスの個体を見る事が非常に多くなった。

こうなるとあれもこれもと探究してしまうという悪い癖が出てくる。

唯一自由になるのは自身の睡眠時間。

それを削ってしまうという愚かな状況が続く。

先日もロレックスの洋書をアマゾンで購入したが、今回も非常に面白そうな本を見つけてしまった。

元々は中野にある某ショップで売り出されたのを見たのが切欠。

10諭吉を超えるプライスタグに少々ビックリした。

それがこれ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



Oswaldo Patrizzi and Guido Mondani が監修。全280ページからなる。

パトリッツィ氏はアンティコルムの元会長で、ブラウン・アイを世に知らしめた方かな。

限定2000冊のプレミアムな物。

この本がまたバカでっかい!

なんと「40cmx32cm」。まさにアメリカンサイズ。重量も相当でしょうに。

笑える大きさ。老眼の方には有り難いサイズだが。

Mondani-Books-at-IWJG_Gio_Dani.jpg
Rolex_Daytona_Story_Giorgia_Mondani_Daniele.jpg


ご丁寧に専用のケースまで付く。お値段は980ユーロ。

Rolex-Daytona-Story-e-valigetta24Ore-Daytona.jpg

中はこんな感じ。

DAYTONAの系譜を知る為だけではなく、模造品が多い4桁を実際に購入する際に役立つでしょう。

まさにガイドブック。

Daytona_Story_20.jpg

次なるはサブ。

これも4桁及びCOMEX等のプレミアムモデル、いまだ解明されていないミステリアスな個体を判別する為に必要となる。お値段は620ユーロ。

Rolex_Submariner_Story_Special_Edition.jpg
Rolex-Submariner-Story_Special_Edition.jpg
Rolex-Submariner-Story_Mondani-Editore.jpg

そして最後はGMT。お値段は350ユーロ。

Rolex GMT-MASTER 00001
Rolex-GMT-Master-10100-.jpg
GMT-Master-10111-.jpg

洋書の為、内容は全て英語及びイタリー語になる。

これを読解するのにも相当時間を要するが、要した時間分だけロレックスへの愛が深まるというもの。

全て購入すると20諭吉でしょうか。

ヴィンテージロレックスを購入する前には、これくらいの準備と投資をしないと逝けないと考え始めている僕は、やはり小心者なのだろう(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ロレ響の詩様
こんばんは。(^O^)
このデイトナ版は中野のショップのHPに出てますね。しかし専門書とはいえ高いですねー(~o~)
GMTマスター版が一番安いのは個人的には嬉しいですが、なかなか本で諭吉を何枚も出すのは勇気入りますね。まあ買っても僕なら一生解読はできなそうですが。。。。(^.^;
ただVRに真剣に取り組むのでしたら心強いバイブルになりますね。(^_^)ゞ
【2012/09/16 22:25】 URL | ワンちゃん #- [ 編集]

ワンちゃん様
こんばんは。欲しい方は10諭吉でも買うのでしょうけれど、今の僕はwebでの情報収集が主になっております。

限界を感じたらこの様な本も購入するでしょうね(^^:)

GMTが一番安価なのは何故なのでしょうね。

やはり個体の絶対数が少ないから?

デイトナの様なフェイクや謎が少ないから?

どうなんでしょうね(^ω^)
【2012/09/16 23:47】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

ロレ卿の詩様
こんにちは。

しかしロレ卿様のロレに関する研究熱心さにはホント脱帽です。

でもあまり睡眠時間を削られると通常激務のお身体に影響しますのでご自愛くださいませ…

でもこういう本があるんですね、世界には。

やはりヨーロッパのほうがロレの情報量は豊富そうですね。

日本語訳にして値段を抑えて出版したらけっこう売れそうな気もしますが…

いずれにしても研究すればするほど奥が深くなるロレは魅力的ですね。
【2012/09/17 12:19】 URL | さいもん #- [ 編集]

さいもん様
こんにちは。睡眠時間は5、6時間がベストでしょうか(^^:)

ヨーロッパ及び北米の市場は非常に大きいですよね。マニアも多いですから。

ただ、経済状況のお陰で抱え込んでいた個体をリリースしている方が多いのも事実です。

バインぐしているのは日本人と中国人の富裕層らしいですが。

日本に於いてVRが社会的に認知され出したのは90年代らしいですよ。そんなに歴史が深い訳ではないですよね。

海外のコレクターからすれば、ニワカコレクターと思われているのでしょうか。

まぁ良いお客さんでもあるのでしょうけれど。
【2012/09/17 12:40】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rolerole.blog54.fc2.com/tb.php/556-efa285fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

ロレ卿の詩

Author:ロレ卿の詩
職業:民間サラリーマン
趣味:時計収集 カメラ BIKE マンウォッチング 妄想 
愛猫:アメショー♀(甘えた時々凶暴)
LIKE:スタバ カフェ フルーツ 野菜 休日 冬
DISLIKE:生もの 人混み 渋滞 並ぶ事



最新コメント



カテゴリ



腕時計ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村



腕時計ブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



タグクラウドとサーチ

> tags



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。