May the ROLEX be with you
― ロレックスと共に在らんことを ―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リューズガードの変遷
Rolex Submariner Crownguards

初代から?Ref16800orRef16610?までを並べた面白い写真。

リューズガードの変遷が判りますね。

モデル全ての判別が付く様になれば4桁に逝く資格があるのでしょうね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ロレ響の詩様
こんばんは。(^O^)

リューズガードもけっこう形が変わっているんですね。(^_^)ゞ

最近考えるんです。ロレの最後ってどうなるんだろうと。。。

普通、モノは役割を終了すると最後は燃えないゴミとなると思いますが、ロレックスの場合はどんなにボロになってもおそらく数万円の値はつくとおもうので捨てることはなかなかないでしょう。不稼動になったまま机とかの中にしまいこまれてしまうものとか行方不明になるものとかはあるかもしれませんが。。。

そう考えますと、世の中にロレが溢れて安くなっていっていいと思うのですが、実際は中古も含めて高騰する一方。。。不思議ですね。(^.^;
【2012/09/20 23:11】 URL | ワンちゃん #- [ 編集]

ワンちゃん様
おはようございます。

そうですね。ロレの未来形はどうなるのでしょうか。

他の企業がそうである様に、TOPが変われば製品のデザインやクオリティ等も変化するでしょう。

デカアツブームが一区切りした感が有りますが、今後は原点回帰やまた新たな戦術も充分有り得ますね。

価格はこれ以上、上がらないで欲しいという願いは有りますね(^^:)
【2012/09/21 07:57】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

ロレ卿の詩様
おはようございます。

いいですね、重ねロレ第二弾。

もちろん私もどれがどのRefだかわかりませんので、思わず昔買った「時計Begin責任編集 ロレックス完全解剖/3 ROLEX SUBMARINER」を見てしまいました。

この雑誌も久しぶりに開いたのですが、改めてサブとシードの歴史やエピソードやメカニズムを認識できて良かったですね。

ちなみにロレ卿の詩様はこの「完全解剖シリーズ」はどれかお持ちでしょうか?

私はデイトナのも欲しいのですが、新品は既に廃版のようですね。
【2012/09/21 08:23】 URL | さいもん #- [ 編集]

さいもん様
こんにちは。

確かにどれがどれだか一見だけでは判別し辛いですね。

ロレ教本やムック本は結構購入しましたね。

バックナンバーも取り寄せたり(^^:)

関東の家には有りますね。

過去のブログで何冊か載せた記憶が有ります。

たまぁに見ると非常に勉強になりますよね。
【2012/09/21 12:03】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rolerole.blog54.fc2.com/tb.php/560-78789c2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

ロレ卿の詩

Author:ロレ卿の詩
職業:民間サラリーマン
趣味:時計収集 カメラ BIKE マンウォッチング 妄想 
愛猫:アメショー♀(甘えた時々凶暴)
LIKE:スタバ カフェ フルーツ 野菜 休日 冬
DISLIKE:生もの 人混み 渋滞 並ぶ事



最新コメント



カテゴリ



腕時計ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村



腕時計ブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



タグクラウドとサーチ

> tags



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。