May the ROLEX be with you
― ロレックスと共に在らんことを ―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しい光


Rolex GMT Master Ref6542 launched in 1954.

謂わずと知れたGMTマスターのファーストモデル。

半世紀以上経過してもなお光を放つ。

ベイクライトの中に閉じ込められているラジウム夜光の怪しい光。

僅か2~3年でメタルインサートに替った。

ベイクライトの耐久性の問題、ラジウムという物質に端を発したリコール問題。

因みに全て手作業で作られるとの事。

故に夜光塗料の載り方、赤/青の濃淡にも個体差が見受けられる。

いずれにしても非常に希少性の高いモデル。

オリジナルを保っていない個体も多いらしい。

購入の際は怪しい光の真贋を確認する必要が有るのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ロレ響の詩様
こんばんは。(^O^)

Ref.6542。。。。。。。
GMTマスター創世期のこのモデルは大変希少で
あるとともに真贋の難しいモデルですね。
純正パーツを組み合わせたガチャピンも多そうです。(^.^;

にもかかわらず市場価格は7桁越えなので、簡単に
購入はできないですね。

ある有名な方のブログで1964年の6桁シリアル
Ref.1500ブラックミラーダイアルがFOR SALEに
なっていますが付属品が完璧の個体でロレも完全
オリジナルというのがよくわかります。
このくらいの個体ではないとなかなかVRには
逝けないですね。(^.^;
http://tokeibakai.exblog.jp/18527101/#18527101_1
【2012/10/05 23:21】 URL | ワンちゃん #- [ 編集]

ワンちゃん様
こんばんは。

明日はお仕事でしょうか。

僕は一応休み(待機)なので、今日は夜更かしです(^^:)

確かに完品であって、信用のおける方からでしたらVRでも安心して逝けるでしょうね。

特に100諭吉超えのモデル等は可能な限り素性が判る個体を求めたいですね。

余りにも高い授業料ですと、後々のロレ購入モチベーション低下に繋がりますでしょうから(@ω@)
【2012/10/05 23:45】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

ロレ卿の詩様
おはようございます。

Ref.6542となると、50年近く前になるんですかね?

もうこのあたりになると、実用面ではほぼムリですよね

持ってるだけでイイみたいな。

しかし、この画像もイイ味出てますね~

旧きと新しきの融合的な…

いつもいつも、ロレ卿様のブログの画像はカッコいいです。
【2012/10/06 08:18】 URL | さいもん #- [ 編集]

さいもん様
おはようございます。

今日から3連休でしょうか(^^)

奥様とお出掛けですかね。

VRでも50年以上前のモデルですから、実用は難しいのでしょうね。

フルオリジのRef6542ですと350諭吉くらいですから(^^:)

もうここまでいくと貸金庫にしまっておかないと(笑)

画像は勿論僕の所有物では有りませんので、複雑な気分です(^^:)
【2012/10/06 10:23】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rolerole.blog54.fc2.com/tb.php/570-a2bb5f90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

ロレ卿の詩

Author:ロレ卿の詩
職業:民間サラリーマン
趣味:時計収集 カメラ BIKE マンウォッチング 妄想 
愛猫:アメショー♀(甘えた時々凶暴)
LIKE:スタバ カフェ フルーツ 野菜 休日 冬
DISLIKE:生もの 人混み 渋滞 並ぶ事



最新コメント



カテゴリ



腕時計ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村



腕時計ブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



タグクラウドとサーチ

> tags



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。