May the ROLEX be with you
― ロレックスと共に在らんことを ―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rolex History (1)


1905年当時のハンス・ウイルスドルフです。

ロンドンにロレックスの前身となる商社「ウイルスドルフ・アンド・デイビス社」を設立した頃の写真でしょうか。

1908年にスイスに移転しましたので、その少し前ですね。

ハンスは1905年にAeglerと業務提携を行いました。

AeglerS.A.はビエンヌにある高品質ムーヴ製造メーカーです。

Jean-Aegler-Rolex-Movement-Maker.jpg

写真はAeglerS.A.の創始者Jean Aeglerです。

彼は1891年に亡くなっており、息子のHermann Aeglerが家業を継いだ。

AeglerS.A.のオリジナルムーヴを製造する本社工場は、ビエンヌの旧市街を見下ろす丘の上に建てられた。

写真は1955年当時のものです。

Aegler-SA-Rolex-Movement-Manufactory.jpg

よく見るとROLEXのサインボードが建物の上に掲げられております。

1914年にHermann Aegler に依って、増築されたようです。

今日ではビエンヌの時計メーカーの歴史的建造物として、正式に認められているようです。

Aegler-Rolex-Campus-in-Bienne,-Switzerland

1878年、ジャンとアンナマリアAeglerに依って、当時重要な時計製造の中心地として栄えていたビエンヌにAeglerS.A.は設立された。

Aeglerは、非常に小さく正確なムーブを製造するメーカーとして名を馳せており、正にハンスがロレのムーヴとして探していたものであった。

Rolex-Aegler-Movement-Design-Caliber-2500.jpg

写真は1955年当時、後に(1957年)正式にロレックスのムーヴとして導入された、Cal1500の設計をしている写真です。

1990年にCal1500系の製造が終了するまで、作業場として使用されていた。

※Cal1500はデイトジャスト機能を備えた、初のムーブ。

その後1977年にCal3035、1988年にCal3135へとリプレイスされた。

Rolex-Movement-Making-Aegler-SA-in-Bienne.jpg

Aegler施設内でロレのムーヴを作っている写真です。

長年の間、AeglerS.A.はロレックスの一次サプライヤーとして、成長し続けてきた。

ロレックスとAeglerS.A.との切っても切れない関係性が表されていますね。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ロレ響の詩様
こんばんは。(^o^)

エグラー社のビエンヌ工場はロレックスの
パートナーそのものですね。

ハンスはまさに実業家。

ロレックスの理念相応しいのはエグラー社
おいて他になかったのでしょう。

ムーヴメントは芸術的天才時計師でなくとも
コストパフォーマンスを意識した徹底的な
小型の実用ムーヴメントを求めたのでしょう。

今でこそ腕時計は普通の存在ですが当時は
懐中時計メインの時代。
ハンスの先見の明はやはり凄かったのですね。(^_^)ゞ

ロレ響の詩様の明解なロレックスストーリーは
とても勉強になります。

こういう歴史もロレックスを深く愛するのに
必要ですね。(^_^)ゞ
【2013/01/16 00:53】 URL | ワンちゃん #- [ 編集]

ロレ卿の詩様
おはようございます。

今回も大変勉強になるロレックスヒストリーまとめをありがとうございます。

1905年当時のハンス・ウイルスドルフはなかなかの男前だったんですね。

私はよく雑誌に載っている晩年の写真しか見たことがなかったので。

いやいや、ロックスとエグラー社との業務提携について、私は全くと言っていいほど知りませんでした(汗)

社外ムーブの提供はせいぜいエルプリメロくらいしか知らない稚拙なレベルですから。

いかにロレ雑誌を高田純次バリのテキトーにナナメ読みしていたかが明白ですね。

しかしそんな輩でも、このようにキチッと整理していただくことで、スッと頭に入りますね。

つまり、エグラー社の存在なくして現在のロレはないということですね。

換言すれば、今の氷室ックがあるのは布袋さんという偉大なギタリストの存在があったからって感じでしょうか(笑)


【2013/01/16 07:14】 URL | さいもん #- [ 編集]

ワンちゃん様
おはようございます。

Aeglerのムーヴ供給はロレだけではなかったようなんですけれど、所謂蜜月となったと思います。

他にもたくさんエボーシュメーカーは有ったと思いますが、当時はAegler社製が一番ロレックスには適していたのでしょうね。

将来的なM&Aを目論んでいたかは、解かりませんが・・・。

資本力の差という事なのでしょうが、晩年はAegler工場=ロレックスビエンヌ工場という認識という事で良いと思います。

ハンスは相当のビジネスマンであった事は間違いないですね(^^:)
【2013/01/16 08:22】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

さいもん様
おはようございます。

いえいえ(^^:)

僕もテキトーですよ。

wikiではないですが、歴史観も含めて全て内容が有っているかどうかとなると、パーフェクトでは有りませんので(^^:)

いい加減な和訳ですので(~ω~;)

パートナーシップは重要なんですね。

BOØWYは氷室ックと布袋さんのシナジーが、観客を魅了させていたのでしょうかね(^ω^)
【2013/01/16 08:29】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rolerole.blog54.fc2.com/tb.php/661-7f5d229d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

ロレ卿の詩

Author:ロレ卿の詩
職業:民間サラリーマン
趣味:時計収集 カメラ BIKE マンウォッチング 妄想 
愛猫:アメショー♀(甘えた時々凶暴)
LIKE:スタバ カフェ フルーツ 野菜 休日 冬
DISLIKE:生もの 人混み 渋滞 並ぶ事



最新コメント



カテゴリ



腕時計ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村



腕時計ブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



タグクラウドとサーチ

> tags



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。