May the ROLEX be with you
― ロレックスと共に在らんことを ―
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rolex magazine edition I
以前、拙ブログでもご紹介しました「Rolex magazine」ですが、既に各サービスセンターに有る様ですね。

前回記事はこちら

http://rolerole.blog54.fc2.com/blog-entry-896.html

本日は、特に用件は有りませんでしたが、名古屋の日ロレに訪問しました。

重厚な革張りのソファ横のテーブル台に置いて有りましたよ。

20130913131726 (1000x750)

全編英語です。

今回は、デイトナ特集と言っても良いでしょうか。

不定期にスイスから送られて来る為、Edition IIがいつ観られるのかは不明です。

因みにこれはカタログの様に貰う事はできません。

各日ロレで閲覧するのみです。

皆様も機会が有れば、御覧になって下さい。
関連記事
スポンサーサイト

この記事に対するコメント
ロレ卿の詩様
おはようございます。

お仕事少し落ち着かれましたかね。

私もこの本、正規店で拝見いたしましたよ!

まさにデイトナ特集でした(笑)
【2013/09/14 08:16】 URL | プラチナオレンジ #- [ 編集]

ロレ卿の詩様
おはようございます、ご無沙汰しております。
連休、ご苦労様でした。
ようやく、今日からお休みが取れましたね。

記載のロレ本、まだ拝見したことは有りませんが、見る限り、重厚で、流石 ロレ社が作製した百科事典って感じですね。

英語はわからないですが、写真だけで楽しめそうですね。
【2013/09/14 09:12】 URL | まなやん #- [ 編集]

ロレ卿の詩様
こんにちは~^^

やっと今日は休暇を楽しんでいらっしゃることでしょう。連勤お疲れ様でございました。

件の冊子ですが、まだ一般に流出はしていないようで、EBAYでも見かけませんね。SPIRITのほうは結構見かけるんですがねぇ。

福岡SAは待ち時間が殆どないので、雑誌に目を通す暇もありません。是非こちらも一度は意見したいものです。

ではまたー^^
【2013/09/14 13:03】 URL | えーす #JalddpaA [ 編集]

ロレ卿の詩さん
こんばんわ

やっと日本に戻り普通の生活に戻りました。

この間にロレ卿さんの記事を全部ざーっと見せて頂きました。

全てにコメントできないですがドトールの記事は興味深かったです。

ところで今SAに行くとこの冊子があるのですね。

私は現状SAに行く用事が全くないのでしばらく見ることはないかな?

何も用事ないのにこの冊子だけ見に行ったら怪しい人になりますね(笑)
【2013/09/14 23:41】 URL | タカゴン #jHSMZ1/Y [ 編集]

プラチナオレンジ様
こんばんは。

一応落ち着きましたが、来週から月末まで忙しくなりそうです(泣)

プラチナオレンジ様は既に御覧になられましたか。

家で観る訳では有りませんので、ゆっくり観られませんよね(笑)
【2013/09/14 23:47】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

まなやん様
こんばんは。

お気遣い有難うございます。

本日より休みですが、家では相変わらず仕事をしております。

来週からまた忙しくなりそうで怖い(^^:)

この本は英語ですが、写真だけでも楽しめますね。

そのうち海外のオクで出てきそうです。
【2013/09/14 23:50】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

えーす様
こんばんは。

連勤はなんとか終りましたね。

僕も用は有りませんでしたが、そのままソファに腰掛けて閲覧しましたよ(笑)

暇つぶしには良いかもしれませんね。
【2013/09/14 23:52】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

タカゴン様
こんばんは。

お帰りなさいませ。

お疲れの所、拙ブログにお目を通して頂き有難うございます。

ドトールでは失敗続きでしたね(笑)

僕は用がないのにソファで閲覧していましたよ。

確かに受付のおネエチャンには怪しい目で観られましたね(笑)

次号が発刊されるとIは観られなくなると思いますので、近い内に観られた方が良いかもしれませんね。
【2013/09/14 23:58】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

匿名様
ロンドンでは入手可能なのですね!!?

非常に羨ましく思います。

タイミングとしてはオフ会でお逢い出来る時となりますが、それまでお待ち頂けるのであれば、是非頂戴したいですね(笑)

サビルロウですか!

英国紳士が沢山いるのでしょうね。

匿名様も素晴らしいジェントルマンでいらっしゃる事と想像致します。

今は全くですが、昔はBEAMS Fでビスポークを購入していましたね。

股上の深いトラウザースにブレイシィズ(カタカナ表記なので間違っているでしょうね(笑))というスタイルが好きでした。

英国シューズも大好きでしたね。

現在はブランドが消滅して有りませんが、ポールセンスコーンのシューズは3足持っておりましたし、グレンソン、グリーン、ロブも所有しておりました。

やはり聖地ノーザンプトンは一度は訪れたいですね。

自分の話ばかりでスミマセン。

また、いつでもコメント下さい(^^)ノ


【2013/09/15 10:54】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

H様
こんばんは。

匿名様ですと失礼に値しますが、まだHNの公開の許諾を頂いておりません故に、今回は「H様」とさせて頂きます。

HNの公開が問題無いであれば、次回から公開させて頂きます。

どうぞ宜しくお願いします。

さて、例の件ですが、ご無理をされないようお願いします。

ファッションに関しては、学生時代にセレクトショップでバイトをしていた関係でそれなりに詳しくなりました。

英国のオーセンティックブランドは、素晴らしいと思います。

ドレスシューズは勿論ですが、服飾に関しても一流ですね。

なんと言ってもドレスシャツでしょうか。

ヒルディッチ&キーやターンブル&アッサーのシャツは何枚か所有していましたよ。

と言っても、吊るしをBEAMSやU・A等で購入しただけですが。

今思い出しただけでも、ベルスタッフ、グレンロイヤル、スエイン&エドニー、エッティンガー、ホワイトハウスコックス、クラークス、マッキン・トッシュ、パトリック・コックス、フレッド・ペリー、グレンフェル、バランタイン、アドミラル、ジョン・スメドレー、インバーアラン、ラヴェンハム、バブアー、グローヴァオール、ポール・スミス、・・・

あっ最近はトリッカーズを購入しましたね(^^:)

こう考えると、僕の人生の中で英国ブランドは無くてはならないですね。

ROLEXも創業はロンドンでしたし(^^:)

チーニーは、チャーチのファクトリィブランドでしょうかね?

プラダの資本が入りそうなのですか?

メルトニアンもそうでしたが、ブランドを守ってゆくというのは難しい事なのでしょうね。

【2013/09/16 19:22】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]

HiroF様
こんばんは。

HNの件、有難うございました。

今回からは、HiroF様のHNを出させて頂きますね。

今では、有名ブランドのものは、殆どセレクトショップでの取扱がありますね。

一部は日本でのライセンス生産になりますが。

バーバリーやポールスミス、ヴィヴィアンなども直輸入モノとライセンスですと価格が全然違いますね。

ココ日本でも、いいシャツを着ている方は稀有ですよ。

僕も1枚3,000~4,000円のシャツですよ(笑)

チーニーにはその様なドラマが有ったのですね。

しかしながら、従兄弟は素晴らしい決断をしましたね。

やはり歴史有るブランドですから、他人の手に渡したくないという気持ちが勝ったのでしょう。

HiroF様のお住まいの近くにはロレックス正規店(AD)は有るのですかね?

やはり日本が一番安く購入出来るのでしょうか?

商品構成も非常に興味が有りますね(^ω^)
【2013/09/18 21:23】 URL | ロレ卿の詩 #nL6A2.tM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://rolerole.blog54.fc2.com/tb.php/916-dc765e8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター



プロフィール

ロレ卿の詩

Author:ロレ卿の詩
職業:民間サラリーマン
趣味:時計収集 カメラ BIKE マンウォッチング 妄想 
愛猫:アメショー♀(甘えた時々凶暴)
LIKE:スタバ カフェ フルーツ 野菜 休日 冬
DISLIKE:生もの 人混み 渋滞 並ぶ事



最新コメント



カテゴリ



腕時計ブログランキング

にほんブログ村 ファッションブログ 腕時計へ
にほんブログ村



腕時計ブログ



リンク

このブログをリンクに追加する



最新記事



タグクラウドとサーチ

> tags



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。